罪に問われている動物のスパイの5つの奇妙な実例

1897

1. 人工サメ

shark
Image Source: Memory Hole

2006年、BBCは、アメリカの研究者がサメの脳内にマイクロチップを埋め込み、水中船を追跡するためにサメを利用しているのではないかという疑わしい計画を報告した。その記事やプログラムによると、「脳内の埋め込み技術における最新の開発を築く事を目的とし、すでに科学者は魚、ネズミ、猿の動きをコントロールしているように思われる。」

チップは、軍人が離れた場所からサメを「舵取り」する事を本質的に可能にし、動物の自然なひそかな動きや水中船のタブを保つために高くした排水感覚を利用している。今日現在、研究が何の結果を生んだのかは明らかになってはいない。

- 広告 -