セルフィーのために人々が行った最もクレイジーなこと

555

- 広告 -

セルフィーのために人々が行った最もクレイジーなこと

自撮りとは何か、世界中のほとんどの人が知っていますし、ほとんどの人が自分のソーシャルメディアに何枚か載せているかもしれません。自撮りはごく一般的な写真であり、安全に撮れるものだと思うでしょう?しかし、自分の限界に挑戦し、危険な状況で自撮りをしている人たちがいるのです。ジャーナル・オブ・ファミリー・メディシン・アンド・プライマリー・ケアが行った調査では、2011年から2017年の間に259人が自撮りをしようとして死亡していることが明らかになりました。高所恐怖症の人たち

出典 – アンスプラッシュ

狂気

リオデジャネイロのセロ・ド・マルは、危険な自撮り写真を撮ろうとする人たちが集まる場所のひとつです。この風景の特徴は、渓谷の橋を通過する現役の列車です。2014年以来、12人近くがセルフィーを撮ろうとして、これらの橋からよく落ちている。

彼はこのために訓練した

多くの場所で、列車の自撮りが深刻な問題になっています。インドやスリランカなどの国では、こうした写真を撮ることに伴う危険性から、こうしたセルフィーを禁止しています。しかし、今でも世界中で命をかけて写真を撮っている人たちがいる。

- 広告 -

出典 – アンスプラッシュ

- 広告 -