飼育員の持ち物を見るまで、ゴリラに近づけなかった。

675

メフー霊長類保護区の深い緑のジャングルの中で、一頭の特別なシルバーバックゴリラが心を開き、かなり小さな異種族と不思議な友情を育んでいました。ゴリラの友情は本当にあるのでしょうか?ボボと名付けられたこのたくましいゴリラは、過去の悲劇と新しい家族を見つける旅を通じて、私たちに希望とかなりの共感をもたらしてくれる物語です。ボボは実の母を失い、彼自身が新しい環境にしっかり順応する必要があった日々に、不確かな未来を抱えながらも彼は意外な友情を発見していくことになるのです。

孤児の大型類人猿、ボボ

gorilla eats grass
https://pixabay.com/

ボボという孤児の大型類人猿は、カメルーンのメフー霊長類保護区にやってきました。彼の母親は彼が2歳のときに何者かに連れ去られました。保護区に到着したボボは、仲間たちと簡単には仲良くなれませんでした。しかし、彼が大きな足で何かを掴む様子を遠くから見た人々は、自分たちが何を見ていたのかを理解して驚きました。なぜなら、これまで大型類人猿がそんな行動をとるのを見たことがなかったからです。

愛らしいリーダー、ボボの物語

gorilla stares
https://unsplash.com/

ボボは強く、ハンサムなゴリラです。160キログラムの体格を持ちながら愛らしい性格で、攻撃的ではありません。彼は保護区で支配的な立場にあり、他のサルから尊敬されています。新参者のゴリラとリーダーシップを争うこともありましたが、ボボはトップの地位を守っています。特に、若いオスのキブとエンカムムが彼に挑戦して失敗しました。この情報は、ボボの世話をしているエリッサから提供されています。