40年前に自分たちを捨てた母親を追って〜母親の売った車から見つかった驚きの事実とは〜

904

- 広告 -

Source: pdfwonder.com

タッカーとスティーブンが孤児になってから40年後、彼らの母親が自分たちをなぜ捨てなくてはならなかったのか、その理由を知ることになりました。彼らがずっと探し求めていた真実は彼らの母親が残した車にあることがわかりました。そしてその車が母親が抱えていた問題、そして母親が息子たちを捨てた日のこと、全ての真実はその車に隠されていました。彼らが孤児になったあの日から何十年も経った今、彼らはついにすべての真実を知ったのです。
彼らにとって自分たちがまだ幼かったころのことを知るための作業は時間がかかりましたが、タッカーとスティーブンはついにそのゴールにたどりつきました。古い車のカバーを外した時、それが教会に子供たちを放置した母親の車であることを確信し、さらには自分たちの生い立ち、そして母親のその後をたどることができたのです。

母親が使っていた車に隠されていた真実

- 広告 -

Source: pdfwonder.com

母親の身に、そして自分たちに何が起こったの手がかりがつかめるかもしれないという望みを持って、兄弟は古い車のドアを開けました。そしてタッカーがダッシュボードの中から白い封筒を発見し、それを開いたところ彼らが探し求めていたものが全て見つかりました。その封筒を見つけてから真実を知るまでにそれほど時間はかかりませんでした。
その封筒を手にした彼らの目には涙が浮かびました。その出来事から40年後、彼らはついに真実を知ったのです。車から見つかったその封筒には一体何が入っていたのでしょうか。なぜステイシーはその日子供たちを教会に残さなければならなかったのでしょうか、そして兄弟はどのようにして母親の運転していた車を見つけたのでしょうか?

苦労の多かった兄弟の幼少時代

Source: pdfwonder.com
タッカーとスティーブンにとっての子供時代は苦労の連続でした。タッカーは3歳で、スティーブンはまだ歩くこともできないような赤ちゃんでした。兄弟の母親であるステイシーはある日、まるで空気の中に消えるかのように子供たちの前から姿を消しました。自分たちが孤児であると知った頃から、彼ら二人は母親が戻ってきてくれるのではないかと思いながらずっと過ごしてきましたが、彼らの願いが実現することはありませんでした。成長するにつれて彼らは自分たちの生い立ちを知りたいと思うようになっていきました。母親と会えなくてもいい、でもその「真実」を知りたい、兄弟は動き出しました。
地元警察がステイシーの行方を追っている間、当局は孤児として教会で発見された兄弟は里親に預けられました。2人の幼い子供を置いて母親が姿を消すことは当時とても珍しいことで、当初警察は複雑な犯罪が関わっているのではないかと疑っていました。しかし事件の目撃者は警察の見込みとは全く異なる証言をしたのです。犯人や、その動機となるようなものはつかめないまま、警察の捜査は終了しました。

- 広告 -