25年間、母親の古い指輪を身に着けていた女性…宝石店から真実を聞かされ悲鳴を上げる

4840

- 広告 -

リディアに残された亡き母の形見は、古い指輪だけだった。母の死後25年間、彼女はその指輪を身につけていたが、その真相を知る由もなかった。しかし、リディアは転倒して指輪を壊してしまい、近くの宝石商に持ち込んだ。その時初めて、彼女の前に真実が明らかになる……。

リディアには母親しかいない

リディアは大変な人生を歩んできた。彼女は一人っ子で、母親のサラとはいい関係だったが、実の父親には会ったことがない。妊娠が発覚し、母親のもとを去ったのだ。

リディアには母親しかいない

リディアの幼少期は、まるで母親と一緒に戦うようなものだった。リディアが学校に通っている間、母親は2つの仕事をして2人を養い、リディアが年頃になると、自分で仕事を見つけて週の空いた時間を何とか埋めようとしたのです。

ジョンとの出会い

リディアはまだジョンというボーイフレンドを見つけた。しかし、二人の関係にとって大きな試練はすぐそこまで来ていた…リディアとサラはできる限りの節約をしていた。すべては、リディアがその気になれば家を出ることができるようにするためだった。

- 広告 -

ジョンとの出会い

サラが急病になったのは、リディアが24歳くらいの時だった。医師も原因がはっきりせず、サラの容態は急速に悪化していった。数週間後、サラがもうダメだということは明らかだった。

- 広告 -