予防接種のために特典を提供する日本の企業

97

東京都千代田区にある赤坂エクセルホテル東急では、東京都心の大規模予防接種施設で、COVID-19の予防接種を受ける人々に割引料金の部屋を提供しています。

読売新聞や百貨店は、COVID-19の予防接種を受けた顧客に割引やその他の特典を提供する多くの企業の1つです。パンデミックの中で収益が落ち込んでいる中、企業はワクチン接種を受けた顧客に特別なサービスを提供することで売り上げが伸びることを期待しています。接種の増加が全体的な消費を刺激するという希望もあります。

企業の提供する特典

東京都千代田区にある赤坂エクセルホテル東急は、訪日外国人客の急落もあり、稼働率は通常の30%に低下しています。現在、東京都心の大規模予防接種センターで予防接種を受ける65歳以上のゲストには、朝食込みで1人あたり6,000円からの割引料金が提供されています。同等の滞在は通常1人あたり9,100円かかります。ホテルでは、予防接種の場所への行き方に関するリーフレットも提供しています。三井不動産ホテルは、三井ガーデンホテルを含む24のホテルを運営しています。また、大規模予防接種センターで予防接種するゲスト向けの新サービスを開始し、午前7時から午後1時までの期間で最大30時間滞在できるようにしました。「私たちは、ゲストが早朝にチェックインし、予防接種の場所に行く前にホテルに荷物を預けるというサービスプランを作成しました。その後、接種後、ホテルでリラックスします」とホテルの広報担当者は語った。新サービスが人気を博していることから、大規模予防接種会場で予防接種する64歳以下の方にも同様の取引を検討していきます。

観光業の提供する特典

一部の観光組織は、完全に予防接種を受けた訪問者のために地域全体の割引を開始することを計画しています。例えば、山梨県富士河口湖町観光協会では、6月15日から加盟ホテル・旅館の宿泊10%割引などのサービスを開始します。観光を支援する政府の措置であるGoTo Travelキャンペーンは、感染が拡大する中、昨年末から中断されています。そのため、観光協会は「同様の措置で訪問者を呼び込む」ことを目指していると協会の関係者は語った。協会に加盟している約30のホテルやその他の宿泊施設が参加することを決定しました。

- 広告 -