世界の超危険な生きもの10選

228

世界には多様な生きものが存在しています。美しい海や山の生物から、不思議な形をした生きもの、毒を持つ危険な生物・・・2011年に研究者たちの発表によれば、まだ知られていない生き物も含めた地球上には約870万種の生物が生きており、そのうち陸に生きる動物は約650万種、海洋に生きる動物は220万種いるといわれています。

科学者たちの研究をさらに追うと、年間1万種ほどの生物が新たに発見されています。見ているだけで癒されるかわいい動物がいる一方で、世界には危険な動物もたくさんいます。そんな地球上で最も危険だといわれる生きものに迫って、超危険な10の生物をご紹介します。

ジャイアントパシフィックオクトパス(ミズダコ)

octopus
Source: viralsharks.net

ジャイアントオクトパスと呼ばれるくらいですから、巨大であることは容易に想像がつくタコ。日本の近海にも生息する世界で最も大きなタコの一種です。ジャイアントパシフィックオクトパスはそのサイズだけでなく、ほかのタコよりも寿命が長く3~5年生きるといわれています。この海の怪物ともいえるタコは赤色、そして1本の足に2列ついた巨大な吸盤で餌となる他の生物をとらえます。その長い足で拘束された生きものたちは、鳥のくちばしのような鋭い歯で噛みつかれ、あっという間に弱ります。このタコはエビなどの甲殻類、魚などをを餌としますが、サメや鳥なども食べることでも知られています。

アフリカナイズドミツバチ

Africanized bee
Source: pixabay.com

研究者たちは、アフリカナイズドミツバチを見つけたら、決して彼らの巣を触ったり、ハチを起こしたりするべきではないといいます。英語圏ではKiller beeとも呼ばれるこのハチは、ヨーロッパのミツバチと東アフリカのミツバチを交配させて作り出されました。つまり人間が生み出したハチなのです。増え続けるはちみつの需要に応えるため、1956年にブラジルで生まれたアフリカナイズドミツバチ。しかし養蜂場から26羽のハチが逃げ出したことをきっかけに、その後南北アメリカでこのハチの生息が確認されるようになりました。アフリカナイズドミツバチは他のハチよりも毒性が強く、人間が近づくなどの周囲の環境変化を感じ取る速度が速いといわれています。

- 広告 -