2020年コロナパンデミックによって、川での水難事故が上昇し、海での水難事故は下降

2517

日本の河川での事故の数は明らかにコロナウイルスのお案でミックの為に、2020年に増加しました。

 

河川での事故件数の増加

警察庁は6月17日、2020年に全国で475人が河川事故に巻き込まれたと発表しました。これは2015年から2019年までの5年間の平均を49人上回っている。一方、海難事故の犠牲者数は減少しました。その分析では、COVID-19パンデミックのためにビーチが閉鎖されたために川に行く人が増えているように見え、人々はプールの混雑を避けていたと当局は述べました。 2020年には合計1,353件の水難事故が発生しました。これは前年より55件多くなっています。

合計すると、これらの事故には1,547人が関与し、前年より9人増加しました。これらの人々のうち、722人が死亡または行方不明になりましたその数値は2019年より27人多い数値になります。合計で、898人が海難に巻き込まれました。これは、5年間の平均より71人少ないです。 月ごとに分類すると、8月の河川事故の犠牲者数は156人で最も多く、その月の5年間の平均よりも30%多くなっています。

 

山岳事故

対照的に、山岳事故の件数は2年連続で2,294件に減少し、2019年より237件減少しました。これらの事故に関与した人の数は240人減少して2,697人になりました。それらの半分は60歳以上でした。 2020年の山岳事故で死亡または行方不明になった人の総数は278人で、前年より21人少なくなりました。 月別では、全国的なコロナウイルスの非常事態宣言により多くの山登り街道が閉鎖され、4月と5月の山岳事故の犠牲者数は、それぞれ69人と114人に達し、5年間の平均の約半分でした。しかし、秋には例年に比べて多くの人が事故に巻き込まれました。 場所別では、2020年の3,000メートル級の山岳地帯の犠牲者数は、富士山で5人、南アルプスの北岳で1人、北アルプスの槍ヶ岳で7人と、86人に比べて大幅に少なかった。平均年でそれぞれ21、16。東京西部の観光地である高尾山では、平均年に85人であったのに対し、50人が事故に巻き込まれました。対照的に、地域の山などの主要な山以外の場所で発生した山岳事故に巻き込まれた人の数は、1,385人から1,398人にわずかに増加しました。

- 広告 -