叔母が亡くなる前、甥に「ミシンの下を調べなさい」と指示

2662

- 広告 -

なぜなら、その言葉は永遠に私たちの心に残り、私たちの人生の進路を完全に変える力を持っているからだ。叔母が亡くなった後、信じられないような旅に出たカール・サバティーノの場合はまさにそうだった。叔母が死の床で発した短い、しかし重要な一文によって、彼は長い間隠されていた家族の宝物を発見したのだが、その価値を正確に理解するのに10年以上かかった。

大切な思い出

beautifultrendstoday.com

カール・サバティーノは、幼少期をグリニッジ・ヴィレッジで愛と笑いに囲まれて過ごした。叔母のジェニー・ヴェラストロは、一家の生活の中心であった自宅に皆を喜んで迎え入れた。残念ながら、サバティーノは幼い頃に大病を患ったため、この時期のことをはっきりと覚えていない。しかし、それから数十年後、叔母の人生が惜しまれつつも終わりを告げようとしていたとき、彼の脳裏に記憶がよみがえったのである。

最後のメッセージ

- 広告 -

beautifultrendstoday.com

家族の要であったジェニー叔母さんの死が間近に迫り、サバティーノは彼女の残された時間を大切にしようと誓った。しかし、彼女の最後の言葉が、思いがけない旅への鍵を握っていたとは知る由もなかった。ジェニー叔母さんが亡くなった後、彼は「ミシンの下を見るのを忘れないで」という彼女の謎めいた指示を思い出した。サバティーノは興味をそそられ、彼女の思い出に敬意を表し、一家のスタテン島の地下室に足を踏み入れた。

- 広告 -