盗まれた女性のバッグが誰かの命を救った話

1096

- 広告 -

盗まれた女性のバッグが誰かの命を救った話

この物語は、ホームレスが路地裏の廃屋で見つけた盗まれた財布の話である。ホームレスの男はこの財布を返すために持ち主を探そうとする。この行動が、ありえないほどの友情を生むことになった。

ケイトリンが財布をなくした理由

woman with bag
ケイトリンが財布をなくした理由

2017年6月の深夜、メリーランド州ボルチモアのパターソンパーク地区に住む若い女性が、強盗の被害に遭いました。ケイトリンはシャワーを浴び、寝る準備をしていたところ、飼い犬がしきりに吠える声が聞こえてきました。家の外に誰かがいると思い、ケイトリンはすぐに階下に降りて確認しました。ケイトリンの犬が泥棒を追い払う前に、泥棒はすでに彼女のものを盗んでいたのです。ケイトリンによると、泥棒は車の小物入れにスペアキーを見つけ、家の中に入ってきたそうです。ケイトリンは自分のバッグを探していたが、どこにもいなかった。そしてその時、彼女は自分のバッグが知らない間に泥棒に盗まれていたことを知るのです。

ホームレス エリック・マッコイ

- 広告 -

bag
路地沿いに置かれたバッグ

エリックはホームレスです。そしてドラッグプッシャーでもある。彼はほぼ毎日麻薬の売人のために働きながら、悪事を維持し生き延びている。彼はヘロインなしでは生きていけないほどヘロインに溺れるようになった。エリックがヘロインの服用をやめようとすると、大変な苦痛を味わうことになる。その結果、エリックはヘロインをやめる勇気が持てず、自分を洗えなくなる。エリックは、自分のことは自分で考えず、自分の人生にはまったく関心がなかった。そんな彼が、自分を別の種類の人間に変えてしまうものを見つけたのは、ごく普通の日だった。その日、彼は廃屋から盗んだ寝袋に横たわり、麻薬の売人から命じられた取引を待っていた。

ドラッグを使う場所を探して廃屋を歩いていたエリックは、路地沿いに転がっているバッグを目にします。エリックはそのバッグを見た瞬間から、盗まれてここに捨てられているのだと思った。エリックはバッグを確認するために近づいた。バッグはまだ良い状態であった。新品のような、上品なバッグだった。エリックはバッグを手に取り、中を見てみることにした。エリックは初めて、善行について考えた。バッグを持ち主に返すことで、正しい行いをしよう。エリックは最初、バッグを売ってもっとドラッグを買おうと考えたが、他に何かできないかと考え始めた。幸い、バッグの中にはエリックが持ち主を探すのに役立つものが入っていた。

- 広告 -