夢に向かって働くベテラン清掃係が客室のベッドの下から発見した奇跡のものとは?

936

- 広告 -

ホテルの清掃係のカーリー

Source: happyread.net

41歳のカーリーはリンダーバーグホテルでこれまで4年ほど清掃員として働いてきました。ゲストがチェックアウトをすると彼女はすべての客室を掃除します。次にチェックインをするゲストが清潔で快適な部屋で過ごすことができるようにいつも一生懸命掃除をしました。ホテルの清掃の仕事は彼女がやりたいと思っていた仕事ではありませんでしたが、アメリカのカリフォルニア州へ移住をするお金を貯めるためだったので職種にはこだわっていませんでした。彼女はこのホテルでもう一年ほど働けばアメリカに移住するのに十分なお金が貯蓄できると考えていました。少なくともそれが彼女の計画でした。

この日も普段通り仕事をしていたら

- 広告 -

Source: happyread.net

ホテルの清掃の仕事をしてきた4年間、カーリーはほぼ毎日、お客さんが去った後の客室の混乱状態、汚物、ありとあらゆる醜いものを見てきました。今朝は壁についたコーヒーのしみを落とすのにとても時間を使いました。この仕事をする間に、彼女はどんな最悪の事態にも冷静に対応ができるスキルがついたと思うほどでした。この日もいつものように仕事をこなしていた彼女。しばらくすると「カーリー!123号室を先に掃除してください。」とマネージャーから指示がきました。彼女はその部屋に向かいました。ゲストがチェックアウトした後の客室がどんな状況であっても、たいていのことには驚かないカーリーでしたが、部屋のドアを開けると・・・この日、123号室で目にしたものは強い衝撃を受けました。

- 広告 -