ホームページ JP-site 日米の醸造家の「酒対話」がコラボレーションを強化する

日米の醸造家の「酒対話」がコラボレーションを強化する

1930

日本の老舗醸造所と米国で新興の醸造所をフィーチャーした「日本酒対話」は、最近、日本で最も有名なアルコール輸出の言葉を広めるために、国境を越えた情報共有、協力、革新についての議論をもたらしました。 太平洋の両側に3人の日本酒醸造所が参加した約90分の講演は、2月下旬にワシントンの北米日本酒醸造協会と米国の日本大使館によって開催されました。

日本の酒醸造所

日本側では、宮城県、福島県、長野県の醸造所(すべて数百年前から存在)が英語で行われるウェビナーに参加し、ニューヨーク、テネシー、カリフォルニアの醸造所は、酒造りのプロセスとさらなる製品開発に必要な創意工夫。 パネルはまた、長年にわたって日本酒の最大の海外輸出先である米国市場がコロナウイルスの発生によって深刻な被害を受けた後の明らかな課題についても話し合った。 日本酒醸造協会のウェストン・コニシ会長(50)は共同通信に「日本酒は米国でもっと人気になるだろう」と語った。また、この会議はシリーズの一部であり、北米市場の規制と業界の成長の見通しについて日本の醸造業者を教育することも目的としていると説明しました。

 

日本酒の輸出額の減少

2020年には、パンデミック時の食品サービスとレジャーの需要の縮小により、日本からの日本酒の輸出額は、前年比25%減の50億円(4,500万ドル)となり、香港への輸出を初めて下回りました。そして中国は、ウイルスによる景気後退から比較的急速に回復した経済です。 それ以前は、1988年以来、米国は日本酒の最大の輸入国でした。 日本酒の輸出の未来は、消費者が新しいことに挑戦することに非常にオープンな米国市場の復活に大きく依存していると、何世紀にもわたる家族経営の勝山最高の海外事業開発を担当する伊沢栄香さん(27)は語った。東北地方の宮城県にある酒株式会社。 「ヨーロッパやアジアの国々と比較して、アメリカの消費者は異なる文化をより受け入れていると感じています」とイサワ氏は会議で語った。 「ヨーロッパでは、本当に保守的な国もあるので、食事と一緒に楽しめる日本酒を紹介しても、ワインが王様だと信じています。」

- 広告 -